原因記事一覧

悪玉コレステロールが高い原因はさまざまなことが考えられますが、代表的なものは食生活の乱れです。ストレスや運動不足なども原因に繋がっていますが、やはり脂分の高い食事や栄養の偏りによる影響が大きいです。普段何気なく悪玉コレステロールが溜まりやすくなる食品を摂取している場合があるので、改善するためには食事内容を見直してみる必要があります。卵や脂肪分の多い食品はなるべく控えるようにしましょう。また、悪玉コ...

血液検査で悪玉コレステロール(LDL)の数値を測る事が出来ますが、LDLが高い場合は食事が原因となっている可能性があります。悪玉コレステロールの数値が高いと血管が固くなったり、血行が悪くなったりと様々な不調の引き金となります。予防するには、悪玉コレステロールが高い原因を探る必要があります。まず、EPAやDHAといった成分はLDLを下げる働きを持っていて、アジやサバなどの青魚に含まれています。しかし...

悪玉コレステロール(LDL)が高い原因の一つに遺伝があります。悪玉コレステロールが高いのは生活習慣による影響が大きいのですが、遺伝が原因という人も少なくありません。遺伝性のものには、家族性コレステロール血症があります。家族性コレステロール血症はヘテロ型とホモ型の2つに分類されています。ヘテロ型は両親のどちらかが、ホモ型は両親どちらもがLDL受容体が生まれつき少ないことが原因で発病します。LDL受容...

悪玉コレステロールの数値が高い場合、肝臓の機能が関係している可能性があります。体内のコレステロールの約7割は肝臓で作られています。食事で取り入れられるのはあとの2〜3割程度です。肝臓は、脂質や糖質に含まれる脂肪酸を原料にして悪玉コレステロールを合成し、体の各組織に運搬します。しかし、肥満や食べすぎなどが原因で脂肪肝になると肝臓の機能が低下して、処理し切れなかった中性脂肪が血中に漏れ出します。血液中...

悪玉コレステロールが高いのに中性脂肪が低いのは理由があり、注意が必要な状態です。悪玉コレステロールは豆類や魚類、緑黄色野菜などの摂取が少ないと高い数値になりやすくなります。中性脂肪が高いというのは食事などで摂取したエネルギーが消費しきれず体に溜まっている状態なので、食事によるエネルギー摂取量が低いと中性脂肪が低くなります。中性脂肪が低く、悪玉コレステロールが高い状態というのは少ない食事量で肉や乳製...